昨日は、派遣会社の方に会って登

昨日は、派遣会社の方に会って登録と仕事の内容を詳しく聞いてきて月曜日か水曜日に働けるかどうか連絡が来るので良ければ木曜日か金曜日から仕事になります。スマホ 廃棄、詳細はこちら、仕事をすると平日は会えなくなり、土日も出勤のこともあるのでその月の初めの週か半ばの週の土日は会えます。

パークリュクス渋谷北参道mono

【DENIME】の生産終了品番ですが、
半額になっています。

決して今風のシルエットではありませんが、
流行を追うブランドではないですし、
ベーシックでイイ色落ちが欲しいならオススメです。
加工モノやシーズンアイテムを除いて、
この手の定番ラインは殆ど値引されませんしね。
この値段でコレ以上の品質のジーンズは、
探しても殆どないでしょう。

今のところサイズも27から揃ってますね。パークリュクス渋谷北参道mono

五十路の新人ナース

今週の金曜日は新人歓迎会だそうです。
9月以降に入職した職員対象なので、私も新人扱い。
病棟職員はドクターもナースもきっと酒乱がいるだろうな。
具体的な噂がちらほら聞こえてくる。
前の病院の病棟飲み会もそれはそれは……(2007年の日記参照)
それに比べりゃ老健の飲み会は穏健なものでしたが、
私の送別飲み会に参加した新人ナースたちの酒乱ぶりもそれはそれは……
新人といっても私より年上で、病棟勤務の長かった人たち。
病棟勤務はそれだけストレスも大きくて壊れやすいのかしらん。
私はあまり飲めないし、冷静さも記憶もなくさないので
じっくりと同僚たちの人となりを観察させてもらうことにしましょう。

勤労感謝の日はシェイクスピア観劇♪
いつもの蜷川@さいたまではなく、池袋のあうるすぽっとで
知らない演出家が手がける『じゃじゃ馬ならし』。
実は原作を読んだことがなく、舞台を観るのも初めて。
映画も原典に忠実なのは観たことなくて、
現代ものに翻案した『恋のからさわぎ』のみ観賞。
18歳のヒース・レジャーがそれはそれは魅力的で
まだ子供子供したジョゼフ・ゴードンレヴィットも可愛い。
ヒースが歌い踊る「君の瞳に恋してる」のシーンは
世界各国のファンが動画サイトに山ほどアップしています。
一見の価値ありです。
さて、そのじゃじゃ馬をならす色男の役を誰が演じるのか?
役者の並び順やチラシの絵柄を見ると、
どうも柄本時生らしいのだけれど……マジか?!
まあいいや、お手並み拝見。

12月は24日に芝居を2本。
マチネーは『ショーシャンクの空に』@有楽町シアタークリエ。
ソワレは『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』@下北沢本多劇場。
ショーシャンクのティム・ロビンスを佐々木蔵ノ介、
モーガン・フリーマンを國村隼という布陣です。
脇にアンク・三浦涼介、小林勝也、板尾創路……なかなか渋い。
ポツネンは小林賢太郎のソロライブシリーズ最新作。
とにかくもう、今からこの日が楽しみで楽しみで楽しみで♪♪♪
お一人様のクリスマスを「クリぼっち」と言うらしいですね。
クリぼっち上等!! 200%満喫してやるもんね。
もちろん、有楽町近辺でのランチもしくは
下北沢近辺でのディナーをご一緒してくださる方がいらっしゃれば
喜んでクリぼっちを返上いたしますわ。
下北沢って、ついこの間も夜のライブを観に行ったけど
焼き鳥の香りがたまらんのよね~~~。
めちゃくちゃお腹空いたっけ。
でも、クリスマスイブに一人で焼き鳥屋に入る五十女って
いくらなんでも痛すぎる気がする(笑)
ランチでガッツリ腹ごしらえして、
ライブが終わったらさっさと帰宅することになるでしょうね。

1月は中旬に2連休を取って
クロマニライブと芝居を2本。
2月は初旬にミュージカル1本と、
下旬に蜷川ハムレット@大阪。
3月初旬にクロマニライブ第二弾。
たぶん、間にちょこちょこプラスアルファを入れちゃうでしょう。
歌舞伎とか雅楽とかクラシックコンサートとか。
映画もガンガン観るぞ。
現在の職場は同好の士がけっこういて、
この手の話が通じるのが嬉しい♪
特に私のプリセプターさんは年季の入った芝居好きらしいので
(ただし本命は宝塚だそうです)
いずれ一緒に芝居見物することになるかも。
私もいつかは宝塚を生で観たいと思っているし、
彼女も歌舞伎に挑戦したいそうです。
帰りのバスが一緒の日は芝居の話ばかりしています。

楽しいライブパフォーマンスを心の糧にして
五十路の新人ナースは今日も明日も頑張るのでございます。

素敵なマンションが見つかりましたので、皆さんにもご紹介をいたします。
ルジェンテ白金台という物件です。
詳しい情報はこちら

5000円の賞金を目指して探している息子

夕刻、妻を海老名に送る。その帰りに娘とヒルズによってお買いもの。
帰宅して風呂入ってビール・・(*^_^*)
と思ったら、電話が・・

今日は綾瀬市災害時ボランティアネットワークの定例会だった・・(゜o゜)
急いで会場の福祉会館に行く。5分の遅刻。
2月に災害時ボランティアセンターの立ち上げの訓練のようなものを行うことが決まる。

隣の会場では綾瀬青年会議所の臨時理事会、臨時総会。
なんだか・・声が聞こえてくる・・。
「た〇〇んの・・君」 なんだか事情があって退会のようで・・

で・・帰宅。今日は早く終わった。妻も9時前には帰宅。

写真は妻がコンタクトレンズを無くしたようなので・・
5000円の賞金を目指して探している息子(゜レ゜)

本日のおすすめサイトはこちらになります。

カーサ神宮前というマンション物件です。

|重い作品です。

重い作品です。見て楽しいとかそういう事はないので覚悟の上でご覧下さい。

 結構長いドキュメンタリー。2時間以上あり、殆どが簡単な状況説明と体験談である。最初のマーラーの交響曲5番4楽章は生楽器でやって欲しいと感じた。強いて減点する所と言えばここだけ。
 結局のところ、崖から飛び降りる話も、それから自害を命令される話も聞かなかった。

 むしろ思ったのは、最後に至って「逃げろ」というのは、ほぼ「死ね」と言っているような話で、自害より酷い話だという事だ。赤十字の元でやると思ってた看護活動を戦場でやり(つまり学生の方がまともな知識を持っているという事)、不眠不休で活動を続け、いよいよ本島南端に追い詰められて、陸からは米兵、海から艦砲射撃、空から爆撃、酷いというなら旗一枚掲げればまだ言い訳の立つような中で、ある意味一緒に戦い、最後に「丸腰で敵陣強行突破」。
 「逃げろ」というと何となく温情を感じるが、これは処刑に等しい行為だ。知恵が足りないというのは本当に恐ろしい。

 対局を見誤った末の犠牲者というのは本当に哀れだ。そう感じた2時間半。オススメです。東京で 白衣の販売オススメです。