|僕はクルマのオーディオとか金かけない方で

僕はクルマのオーディオとか金かけない方ですが...

というか、本当はこだわりたいのですがこだわりだすとハマってとんでもないことになりそうなのと、そんな金があれば走りの方に...という思いが巡ってしまい敢えて手を出していません。

それに色々積んでいくとクルマの車重もどんどん重くなりますしね。

それでも基本、音楽は聴くので最低限の設備(例えばナビに内蔵されているオーディオとか、安物のデッキとか)で何とか良い音が出ないものかと、調整できる類のものは全ていじくって悪あがきしています。

おすすめマンションです。

GT-Rの方は元々オーディオレスだったのですが、一応ストリートカーだからナビ&オーディオぐらいは付いていないとってことで最近になってカロッツェリアの楽ナビを付け、スピーカーも無かったので同じくカロッツェリアのスピーカーを付けています。

でもそれだけなのに、設定をいじくるとそこそこ良い音が出て結構満足しています。
しかしGT-Rは乗る機会がほとんど無い(というかブロー中)ので、聴く機会もありません。

|ガーラ・グランディ北池袋

途中で二男と合流して
買い物です

家人が

ハングル教室の上級コースに進むので
電子辞書をバージョンアップしたい

授業を録音するための
ICレコーダーも欲しいというので

電器屋さんに行きました

ついでにⅰPODも新しくしてやる
と言ったのですが

息子の大学合格祝いに
ⅰPODタッチを買ってやったら良いのではないか

と前回も同じ会話をしたような気がするのは
デジャヴでしょうか

確か

息子が大学に入ればPCを新しくしなければならないし
・・今でさえ1人1台なのにね。。今度はこのマンションを見に行きましょう。を見に行きましょう。

第二外国語を取るようになれば
電子辞書も新しくしなければならないから

ⅰPODはその後で良いって

前回も同じ会話になったはず。。

顔にガーゼ貼って出勤。

どこかオカシイのかもしれないねぇ、私の体。
転び過ぎだよ。
しかも豪快に激しく。

昨日、駐車場の車止めにつまづいて吹っ飛んだ。
顔からアスファルトに激突。
右半身ズタボロ。
頬、肩、腕、膝、指各種、足の親指の爪。
左鎖骨を折ってたから右側で良かったっちゃー良かったけど最悪にカッコ悪い。
大の大人の女が転んで顔から吹っ飛ぶって、想像して(笑)
知らないおじさんに「あんた大丈夫?」って手を差し出された。
顔を強打したせいか、しばらく頭がクラクラして起き上がれなかったの。
恥ずかしくて顔もあげれず「すみません」と言い立ち上がる。
手に持ってたはずのスマホが無い。
私の下敷きになってた。
とうぜんケースも画面も傷だらけ。
保護シート万歳。貼り直さなきゃ。

市ヶ谷の賃貸に帰宅したら母に説教された。
「これ以上介護人を増やさないでくれ」
だって。
大病の父は介護してあげなきゃだが、あんたは勝手に怪我をする!とプリプリ言われる始末。
自分でも情けないんだよぉ。

ちょうど友達からLINEが来てたから転んだーって送ったら
「また?いい加減にして!足もと見て歩かれ!」と。
「足もとばっかり見てたら頭ぶつける」と返したら
「持ち主が悪いと体も可愛そうじゃな」だって(笑)

今朝、顔にガーゼ貼って出勤。
汁が出てて髪がくっついて痛いのよ。
腕は大根おろしみたいに擦ってるし、当然イジられるわなぁ。
「また転んだんですか???」って。
「体を張って笑いを取るきなこさん、面白過ぎるけど気をつけて」
だって。
鎖骨みたいな手術を要する怪我は二度とゴメンだけど、この程度の怪我は多分死ぬまで続けるんだろうな…
気をつけます(泣)

|数日前に母親がプチ模様替えして居間のテー

数日前に母親がプチ模様替えして居間のテーブルの下に敷いてたカーペットが新しくなったんですよ。
ちょっとふかふかして暖かいけどこれ夏になったら地獄じゃね?とは思わんでもないwww
まぁ夏はそもそも居間に居座る事ってあんまり無いと思ってるからいいんだけど。

そしてそのふかふかの絨毯ですが。
油断してるとちょっと滑るよ。
ずるっ、じゃなくて、するっ、てな感じでちょっと滑るよ。
転びそうになってはいないけど、ひやっとさせられます。
あれかなぁ、靴下との相性が悪いんだろうか。

おすすめマンションです。
食べ物とか持って移動してる時に滑ろうものなら新しい絨毯に早速染みを作りそうですね。おぉ、怖い怖い。
その昔チーズケーキの生地をこぼしてしまった部分もカーペットの下に隠れてましたからね。これ以上いつまでも残る代物を作り上げるのはいかがなものかwww
当時はオーブントースターでチーズケーキ焼いてたもんなぁ。何かいらん思い出まで蘇ってきましたw

話変わって。
何でもミアーシュさんがこの寒い寒い時期、雪祭りだってまだ早いよ、って突っ込みたくなるこの状況でこちらに戻ってくるそうで。
戻ってくる理由が手放しで喜べるようなものじゃないけど、戻ってきてる間でヒマな日は遊ぼうよーとの事。

|グラン・シャリオ松戸

それは突然の辞令1ヶ月先に札幌支社への転勤
頭がパニックになった。
僕には二年付き合ってる彼女がいたからだ今二人で住んでいるお部屋の中で『アタシたち…終わりなの?』彼女は泣きながら僕を見つめる
【僕と一緒に来て欲しい】
とか
【俺が戻ってくるまで待ってろ】とか
できればそんな事が言いたかったが夢を追いかける彼女には重荷でしか無い気がして
自分への自信の無さから『幸せになれよ…』とだけ言い僕は泣いた。http://www.koukyuuchintai.jp/list/グラン・シャリオ松戸/



彼女も泣いた。だけど
お互い好きでも無理なことってあるんだ
この時の僕はコンプレックスの塊で卑屈気味だった。彼女はいい女で僕じゃ彼女に釣り合わないそんなコンプレックスがここにきて出てしまったんだ。
彼女とはそこから連絡をとらなかった…