連日のように忘年会が続き・・・

日記の更新が滞りがちなのだが
それも仕方ない。
理由は幾つかあるが、最大のものは帰宅が遅くなりがちであると云う事だ
連日のように忘年会が続き、今月に入って出勤日で忘年会が無いのは
今日が初めてである。
もっとも、明日も明後日も忘年会なので
今年はもうとっくに忘れてしまっている筈なのだが
何回も繰り返さねばならないらしい。
皮肉を言っている場合ではない。

来年こそはと期するものもまだ出来上がって居ない。
あんまり休みなく仕事や飲みが入るものだから
落ち着いて考える事も出来なくなってしまっている。
それで良いのかは分からないけれども
何となくモヤッとしていた去年までの自分を引きずっていた今年とは
何となく決別できそうだ。
色々お世話になったけれども、皆さん
ありがとう。

日記の更新が滞っている理由は他にもある。
PCの調子も悪い上に
携帯がスマホになってから、長い文章を正確に早く打ち込む事が
億劫になって来たので、道端で面白い事を見付けたり思い付いたりしても
日記にしたためる事が殆ど無くなってしまった。
今自室で使っているPCは08年に購入したもので
もう6年も使っている。時代に即応できなくなりつつあるのだ。
これも動作を鈍くさせてしまっていて
触って居て不快なのである。

それを機に服も新しくしました。
カーサ神宮前に引っ越しするので、新しい家具を買いました。

トドメに精神的余裕が無い。
まぁ、他人にどんどんと興味が無くなってきている。
前なら噛みついたりしていた事に対しても
怒りもしない。
先に下らない理由で怒る、何年か前までの僕みたいな後輩たちと
僕より随分年長者なのに
やっぱり子供みたいに無邪気な先輩や上司が
ぞろっと僕の周りを囲んでいて
いちいち反応しているとイライラして堪らないからだ。
不感症である事で、バランスを取ろうとしているのかもしれない。
残念だが、日中の大半の時間をそうやって過ごさねばならなくなったので
不感症が固定されつつあるのかも知れない。
「シリアスな場面では貴重だね!」
と皮肉を言われる位に毎日が落ち着いている。
それも一つの理由だ。

他には
Facebookでは殆ど更新して居なかったのだが
インスタグラムを連結したことで
そこに写真だけは投稿している。
それもごくたまに、だけである。

勝手に色々と僕は変節しているのだけれども
生きていくためには必要な事なのかも知れない。
許して頂きたい。
親しくして頂いた方には感謝しています。

周りの誰よりも常識人に私は見えた

しとしとと降る冷たい雨のなか

行き交う人々はぶつかり合う傘に感傷もせず

個々の帰宅路に足早になる時間

駅前を飾るイルミネーションに見向きもせず

ただひたすらに小さな画面に写される世界に没頭する人々

きっと、その先で繋がるは恋人か友人か

あなたの帰りを待っている家族か…

…ふと、黒いなにかが横切った

腰を低くして、片手にビニール袋を下げ
同じく安いビニール傘を持ったおじいさんだ

行き交う人とは違う不規則な進行方向に疑問を抱くも

すぐにその理由を知った

曲がった腰を更に低くして、おじいさんが手にしたのは
どこからか飛んできた、雨の日には欠かせない傘用のビニールの袋だ

ずっと地面にあったのだろう

小さく、くしゃくしゃに丸められたそれはすぐそばにあったのに気が付きもしなかった

若干泥まみれのビニール袋に何の躊躇もなくおじいさんは手を伸ばすと、自分の持っていた袋に入れた

その時、その袋の中身は決して、おじいさんが買ったものではないとわかった

それからはおじいさんの行動は手に取るようにわかった

蛇足しながら道のあちこちに落ちている

誰が落としたかもわからない
タバコの吸殻
お菓子の袋
チラシ…

それぞれを、自分の進行方向は見逃すことなく拾っていった

それが車道にまで進出したときには少し、常識から外れてるとも思ったが

人々の影に隠れても
車のライトに紛れても

時折低く屈んでは立ち上がるありきたりな透明の傘が

周りの誰よりも常識人に私は見えた

来週はアラスカ 豪華客船の旅のことでを回して、見学をする予定なので、今週中に仕事を終わらせないと

日神パレステージ石神井台

日常品は差し障りがなければ安価な代用品で構わないと思う。

僕が毎月貰ってる心臓の薬はジェネリック。スーパーでマグロ買うときは本マグロなんて買わないね〜。
最近はあまり行かないけど回転寿司のネタ、代用品でOK!。
ビールも発泡酒どころか第三のビールだって飲めりゃOK!。
音楽聴くのも圧縮したMP3で全然平気。
床屋だって1000円カットで良いじゃん!。

とまあ、代用品に大助かりな日々を送ってるがここぞというときは本物が欲しくなる。

正月、田舎で霜降牛肉食べた時は皆幸せそうな顔してた。
服なんかもダサいスーパーのじゃなく、一流メーカー品を着ると心がウキウキする。
酒も人と飲む時は本物の美味いやつが良い。
「こりゃ本物だ!」と賞賛されるアーティストの作品を観賞するのはなおのこと!。

安価な代用品が蔓延る現代では本物は贅沢品。
けどその贅沢はちっとも敵ではない。
本物の割合が減れば減るほど価値も上がり、その心に及ぼす効能も上がる。

頻繁に贅沢ばかりしてれば心に栄養どころか贅肉がつくだろうが、たまには本物を与え貧乏性になりつつある心を潤わせたい。日神パレステージ石神井台に住みたいです。

睡眠不足解消。

“日曜日、曇り。
膿が出て、かなり楽になり、睡眠不足解消。
11時30分まで寝てしまった。

ローソン108で事務所。
サンドイッチと薬。

仕事は予定よりかなり遅れてしまったが、面倒な部分も考えられるようになったので巻き返しだ。

夕方、携帯がなった。
火曜日に予定していた船が、横浜に入らなくなったとの連絡。
残念だが、体調からすると助かったかな。

仕事の切りの良いところで帰宅。
銭湯も酒もあと2晩我慢。っの予定。”

引っ越しを検討している方にお勧めサイトがあります。
赤坂パレスマンションのマンション物件がオススメです。

サンファミール西早稲田

エドヒガンザクラはソメイヨシノよりも早く咲く。
それがオジサンたちの常識。
いや世間の常識。
ソメイヨシノはまだ乙女のごとく堅い蕾でも、エドヒガンなら熟女のごとく・・・。

甘かった。

樹は老木でも、花はやはり乙女状態。
硬く閉ざした蕾の先にほんのり赤みが差しているばかり。

イギリス海岸にフラれ、石割桜にフラれ・・・オジサンたち二連敗である。

チェックインを済ませ、ボクたちは次の戦いへ向かうべく夜の街に繰り出した。
旨い酒と、旨い肴を求めて・・・。
この戦いは負けたくない。

取り敢えずホテルのフロントでリサーチ。
だがこの手の情報は余りあてにしてはいけない。
値段が高かったり、俗っぽかったり・・・。
居酒屋がある地帯が分かれば良しとすべし。

己の足と目とカンで探し出す。
これが鉄則である。
ただし、これは博打でもある。
負けがあることも覚悟する。
それが心得である。

そうして見つけた一軒の居酒屋。
「モリーオの田舎料理 どん兵衛」これが店の名。
賢治ファンならニヤリとする。
モリーオというのは「ポラーノの広場」に出てくる名前。
さすが岩手。賢治の故郷。

店に入ると、右側にカウンター。
奥に座敷。
カウンターには感じの良いオヤジさん。
この勝負、貰った・・・。
サンファミール西早稲田に住んでみたいです。