パークハビオ麻布狸穴町

まるで前日のコピーをしているような一日。
つまり夕方までネットなんかをいじって、くだくだ、これじゃイカンと食事をかねて散歩に出る、というパターン。
最初は、新宿にでも出ようかと駅まで歩いたが、「いやいや、平清盛を観るつもりなので新宿はよそう」
と踵を返し、練馬方面に歩こうとする。「豊島園庭の湯」に行って、そこで大河ドラマを見ようと考えたのだ。

しかし、歩いているうちにまた考えが変わった。パークハビオ麻布狸穴町ヽ(=´▽`=)ノ
「いや、その後ATARUを観るなら風呂に入る時間などほとんどない、そいつはもったいないなあ」
なぜか再び、沼袋駅のそばまで散歩。ここで、また、新たな考えがひらめく。
「そうだ、野方まで歩いて、”ほんま門”のたこ焼きを買い、家に帰って缶ビールでも呑みながら、清盛を観よう」

わざと遠回りの道を通って野方へ。「ほんま門」でたこやき12個を買い、隣のセブンイレブンで缶ビールを買って自宅まで戻る/

こんなに歩いても8586歩か。野方は近過ぎるな。

そのうち、かえる先生

そのうち、かえる先生、ブンちゃん、クボデラさん、マルちゃん、天馬の小次郎さん、れもん汁さん、ガミさんと次々にメンバーが集まってくる。

これだけのメンバーがいれば、散策に出かけることも可能。

高円寺南口の氷川神社でも、ちょうど祭りをやっているというので、くわ左衛門さん、れもん汁さん、天馬の小次郎さんと連れだって氷川神社に足を運んだりする。

途中、駅前で美女がキャンペーンを張っていた徳島の「すだちビール」を購入しようとすると、「買うところと、飲むところの写真をとらせてほしい」と報道の腕章をつけたカメラマンがやってくる。

ポーズをとって撮られた後で、どこの社かきいてみると「読売新聞」だって…。協力するんじゃなかった!

などとワイワイやっているうちに、開始時間の17:00がやってくる。

みんなて輪になって気合いを入れ、応援開始。ザ・ヒルトップタワー高輪台o(*^▽^*)oエヘヘ!

鉦と太鼓のリズムに身を委ね、笛の音と「やっぱり踊りはやめられない」という歌を聴いて、踊り手たちの見事な舞に、目を見張る。

立ちっぱなしの三時間、と いいたいところだが、途中少し座ってしまったし、トイレに行くついでに、「バーミィー」の出店に行って一杯飲んだりしたので、たちっぱなしではなかったが、我々の前を通過する連は、ほとんどみたと思う、

今回は、携帯とiPadで、多くの連を撮影。iPadでは、間違えてビデオでとってしまったのだが、これはこれでおもしろい「効果」があったとおもう。

終盤が近づくと、Goodyメンバーの最大の関心事は、「天水連までまわるかどうか」。

あの豪快かつ玄妙なリズムの洪水には中毒性があり、私自身も大好き。

彼らの演奏と躍りをクライマックスに、初日は無事に終了。

この日は、終了後Goodyにはたちよったものの、席について飲むことはせず、そのまま帰宅。明日に備えることにした。

ザパークハウス西麻布レジデンス

F社で作業中の月刊ZのS園から電話あり。
年明け一発目の締め切り原稿について、最終打ち合わせおよび資料渡しをしたい、とのこと。

「はい、今すぐ向かいます」と返事し、西武線、地下鉄東西線を乗り継いで、その足でF社へ。

15:30F社到着。さっそく、打ち合わせ。

年明けすぐに、原稿が欲しいという。ザパークハウス西麻布レジデンス^^;そんな、おれに正月から働けってか。
いや、今年のうちにやろうと思えばできる、はず。

でも、なんか体が仕事モードになかなかならない。

週刊Tの年末最後の担当者から、声をかけられる。
「あの、原稿編集部の評判良かったですよ。来年は、今年みたいに野球記事がほとんど、ということはなくなるんじゃないかな」
ううん、それはありがたいような、そうでないような。

この季節の桜プレイスは最高です。

可朝師匠は、中学生の頃の私の「憧れのスター」。嘆きのボインは、今でもフルコーラスソラで歌えるし、他の歌も歌えます「♩ある道で~美人が一人、浅丘ルリ子と吉永小百合と、ジーナ・ロロブルジダをオーブンで蒸したような美人~」と、猛アピール。
「あれは売れましたで。あの頃のワシは行けてましたやろ」
「いやいやいや、今でも行けてますよ」

などと話していると、若い女性ファンが次々、可朝師匠の元へやってきて、「2ショット」をねだる。写真を撮られるとなると、帽子をかぶって、あの「月亭可朝」に変身。考えてみたら、可朝師匠の「帽子、眼鏡、ちょびひげ」というトレードマークは、なんだか「返送用グッズ」みたいだな。

そのあとは、大撮影大会に突入。「iPadをもってくりゃよかった」とかなり悔やんだ。今の携帯カメラはちょっと「室内撮影」に弱すぎるのだ。桜プレイスは駅近の部類でしょうね。

ほどなくタイムアップとなり解散。

師匠連をタクシーで送り出したあと、中央線沿線メンバーとともに、地下鉄で浅草→神田のりかえでJR、そして高円寺へ。

とはいえ、この日はみんな疲れていたので、駅で解散。「もう一軒」はなくなってしまいました。

「ま、しゃあない。歩いて帰るか…」
と、自宅に向っている途中、やっぱり「竜ちゃん」の赤ちょうちんの吸引力に負けて、中に入ってしまう。

「関西芸人」三昧のこの日を「竜ちゃん」で締めくくるのはある種の必然(?)。かもしれない。
「竜二さん」の爆笑話をサカナにビールを二杯飲んで、今度こそちゃんと帰宅。

大満足の一日でした。
(1枚目の写真はQP亭主人さんが撮ってくれたテントさんとの2ショットです)

パークアクシス渋谷神南

自家製ミートとスクランブルエッグのスパゲティです。チロリン村のです。
前々から気になっていたので頼んでみました!
此処のミート食べた事無かったんで。自家製と付いていたら余計に気になりますよね。
そして玉子…!
卵料理が大好きな雪架です、今晩和。
スクランブルエッグがどんな風に乗ってるのやらとwktkしてたらご覧の通り!
半分覆う黄色い存在にセツ子はもう幸せです(*´ω`*)
ただすぐお腹いっぱいになっちゃいましたけど…半分位で結構キてましたけどw
相当お腹空かせてから挑まないと駄目ですね。パークアクシス渋谷神南とりあえず一度は入ってみるといいかと。
ランチに食べましたが夕食時間になっても満腹感続いてましたし。でも美味しかった。

桜のスイーツ、セツは結構好き。桜の花って可愛いし。
美味しいからってワケじゃないけど…いやでも不味かったら食べないし、
セツの口には合うみたいです。でも桜餅の葉っぱは取っちゃう。