蔵元囲む会に参加し、天神の賃貸までの電車はギリギリになった。

酒造りが終わるこの時季から酒造りが始まるまでの月1回、蔵元から杜氏さんや社長さんをお招きして開催される蔵元囲む会に参加しました。 船旅でハワイまで行く予定の旅行でした。

今回は福島県喜多方の夢心酒造の会で東海林伸夫社長がおみえでした。

普段は2階の座敷なんですが、社長の膝の具合が悪いとのことで1階のテーブル席、掘り炬燵席で開催となりました。

総勢35名ほど我がパーティーは7名でした。

料理は蔵元所在地の美味い物が出るんですが、今回は馬刺しと桜鍋。大変美味しかったです。

馬刺し 手前がもも肉、奥がロース?食感、味の違い全くわからずあせあせ上の方にちょこんと貼り付いているのがにんにくからし味噌。馬肉との相性抜群指でOK

桜鍋用の馬肉と野菜

生卵 桜鍋は見た目は悪くなってしまいましたが・・・

〆はうどん。4人で3玉オーダーしましたが4玉いけたな。

旬のそら豆、名残の生牡蠣も美味しかったです。

生牡蠣はジャンケンで勝った順の選択 2番手の私のは見るからにいい感じ。

ホタルイカのぬた  つくね&焼き鳥

カレイの唐揚げ

お酒は9種類と少な目でしたがお代わりもしたので結局かなり飲んだと思います。

生酒は全てピチピチしていてフレッシュな感じ、火入れは落ち着いていました。鳥みきの冷蔵ケースに1年ほど寝ていたという純米大吟醸の斗瓶囲いはふんわりした酒質で美味しいなと思ったのでお代わり希望だったんですが人気があり叶いませんでした。

最後の蔵元Tシャツ争奪ジャンケン大会は最後の二人まで勝ち残りましたが、相手が同じパーティーの女性ではジャンケンせずにどうぞどうぞ譲るのが男の美学でありましょう。
そんなこんなで楽しい会でした。帰りの電車はギリギリ乗り越しせず無事に帰宅しました。めでたし、めでたし。